未成年が電子タバコ(VAPE)を購入したり吸ったりしてもいいのか?

電子タバコ(VAPE)を未成年が購入したり吸ったりしてもいいのか、それを解説しましょう。
煙草ではないから年齢制限は存在しないと考えがちですが、実際はそうではないようです。

 

未成年の使用は認められない

 

未成年による電子タバコ(VAPE)の使用は、禁じられていると考えて間違いありません。
法的には現在規制されていませんが、未成年者が電子タバコ(VAPE)を吸ったりしていれば、しっかり補導の対象となることは記しておきます。
せっかく購入しても、取り上げられてしまうでしょう。
国内で言えば2010年の時点で、未成年者が使用しないよう保護者等が十分に注意する旨を国民生活センターが公表しています。
ですから、未成年が電子タバコ(VAPE)を購入したり吸ったりすることは望ましくありません。
そのため特に専門店などでは、未成年相手に電子タバコ(VAPE)の販売はしないでしょう。
未成年であれば、煙草も電子タバコ(VAPE)もダメ、というわけです。
電子タバコ(VAPE)は害がない、と言っても煙草に比べればそれが小さいといったことに過ぎません。
全く体に影響がないのかと言えば、そうとは言えないものです。

電子タバコ(VAPE)おすすめ

国際的にも未成年には禁止の動き

 

未成年の電子タバコ(VAPE)購入や使用が実質禁じられているのは、国際基準も影響しているでしょう。
世界保健機関では、特に未成年者の体には深刻な脅威をもたらす可能性もありうると発表しています。
それに伴い、海外でも未成年者へ販売禁止の動きが増えています。
国際基準でも、未成年者は電子タバコ(VAPE)を購入したり吸ったりしてもいいというわけではないのです。
未成年者の体への影響以外に、電子タバコ(VAPE)を使ったことでそこから煙草の喫煙へ繋がる懸念もあるとされています。
その点も、未成年者の電子タバコ(VAPE)利用が禁止される理由のひとつです。
電子タバコ(VAPE)を入り口として、未成年者が煙草に手を出すことを避けたい考えもあるからです。

電子タバコおすすめ