電子タバコ(VAPE)を楽しむ際に、最低限守っておきたいマナーについて書いておきましょう。
煙草に比べれば人体への害が少ないと言っても、煙草同様に気遣いを必要とする場合もあります。

禁煙スペースでは控えるのが無難

電子タバコ(VAPE)を楽しむ際に、なぜマナーを気にする必要があるのかと言えば、煙を出すものだからです。
その煙が自分だけにしか掛からないのであればいいですが、そのような便利さはなく、近くにいる人にも及びます。
電子タバコ(VAPE)の煙は多くなりやすいものですから、その濃い煙を被ることに不愉快さを感じる人も多くいます。
ですから、そういった人に対しての気遣いは、マナーとして最低限守っておきたいことになるわけです。
現在では一部の場所では電子タバコ(VAPE)も禁止であることが明示されていますが、そうした場所では当然使用は控えるべきです。
それから禁煙とされている場所は多々ありますが、基本的には電子タバコ(VAPE)の使用もそこでは控えるべきでしょう。

周りの人に気遣いした上で

電子タバコ(VAPE)で最低限守っておきたいマナーについては、人のそばや多くの人が集まるような場所では使用を控えることでしょう。
煙がダメな人に対しての気遣いを見せるべき、というわけです。
場所によっては使っていいものかどうか迷う場合もありますが、その際には周囲の人に尋ねるのが無難です
煙草を吸っていると勘違いされる場合も時にはあるので、そうした勘違いを避けられることにも繋がります。
煙がダメな人にとっては、たとえニコチンやタールが含まれていなくてもダメです。
比較的安全な煙だからと、おごりたかぶりはないようにすべきです。
周りを不愉快にさせることなく電子タバコ(VAPE)の味が楽しめるのであれば、自分も不愉快なく電子タバコ(VAPE)が楽しめることに繋がります。
そのため、周りに気遣いした上で使うことが、最低限守っておきたいマナーと言えるかもしれません。

電子タバコおすすめ